farewell life (music version)

懐かしのメロディー( 邦楽、洋楽 ジャンルは問わず )などをアップしていきたいと思います。基本的にはその日が命日のミュージシャン、作曲家など動画を交えて紹介してまいります。※敬称は略させていただきます。  亡くなられた皆様のご冥福をお祈り申し上げます。 尚、管理人の都合上更新ができなくなる場合がありますのでご了承ください。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
京王百貨店
京王百貨店
千趣会イイハナ
e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
ふくや
味の明太子ふくや
日本直販
日本直販オンライン
伊勢丹
伊勢丹 : ISETAN MEN'S ONLINE SHOP
au one la Select
au one la Selectサイトロゴ2
いぬ・ねこ の きもち
いぬのきもち&ねこのきもち
Odakyu online shopping
小田急オンラインショッピング
ONWARD KASHIYAMA
オンワード樫山公式ファッション通販サイト
トイザらス・ベビーザらス
ベビーのおもちゃ【ベビーザらス】
ユナイテッド・シネマ
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
ワーナー・マイカル・シネマズ
映画館で並ばずにチケットが買える!
link share
アフィリエイトのリンクシェアで、チャリティ活動

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1967年12月16日 - 2003年8月18日 穂積 由香里 ほづみ ゆかり ( タレント )

2013.08.17

category : タレント

穂積 由香里 ほづみ ゆかり ( タレント )

1982年に発刊された『積木くずし』は、持病といじめにより非行に走った由香里本人と両親との葛藤がつづられた、父親による手記。約300万部の該当著書を発行、東宝映画化、民放各社の複数テレビドラマ化もされるが、1983年にはトルエン所持による毒物及び劇物取締法違反で、また覚せい剤取締法違反でも2度逮捕された。

1986年に穂積由里の芸名でテレビドラマ『妻たちの課外授業』で女優デビュー。ヌードまで披露した芸能活動は成功せず、アメリカ留学中に知り合った男性と結婚するが後に離婚。ナイトクラブ「積木の家」を経営するなどしたが、亡くなる前は父とその再婚相手の後妻と同居し、知人のスナックの手伝いをしていた。

20代で腎臓を患って、十数年の闘病生活を送り、2000年には腎不全で入院。その年の秋には実母(2001年死去)からの提供で生体腎移植を受ける。35歳になった2003年8月18日、隆信夫妻と同居する都内マンションの自室で亡くなっているところを発見された。行政解剖の結果、死因は多臓器不全で、2003年8月13日夜から14日未明にかけて死亡したとみられる。喪主は穂積由香里の所属プロダクション。父は、仕事先から帰京した8月20日に火葬場で遺体と対面、棺に『積木くずし』の著書を3冊入れた。



      
wikipedia jp
スポンサーサイト

comment(0)  trackback(0)

1960年12月30日 - 2011年6月28日 セーラ・ロウエル Sarah Vera Lowell ( タレント・モデル )

2013.06.27

category : タレント

セーラ・ロウエル Sarah Vera Lowell ( タレント・モデル )

1960年、アメリカ人の父と日本人の母の間に生まれる。12歳の時に渋谷でスカウトされ、モデルデビュー。雑誌「セブンティーン」の専属モデルを務めた後、1979年に『11PM』のカバーガールを務め、人気を集める。その後ラジオ番組のDJや『MTV:Music Television』のVJをはじめ、司会・リポーターなどで活躍。1987年に実業家と結婚してからは主婦業に専念するも、のちにその実業家が他界。2007年にオスカープロモーションに所属していた当時のマネージャーと再婚した。2008年に雑誌「クロワッサン」746号の特集記事「カラダの中から輝く美容法。」に登場。2009年からタレント活動を本格的に再開した。

2009年に病院での検査でがんが見つかり、手術や抗がん剤治療を続けながら入退院を繰り返していたが、2011年6月28日午前0時30分、子宮頸癌のため東京都内の病院で死去。50歳没。戒名は鳳月惺良大姉(ほうげつせいらたいし)。



wikipedia jp

comment(0)  trackback(0)

1984年5月7日 - 2008年6月18日 神戸 みゆき かんべ みゆき ( 女優、タレント )

2013.06.17

category : タレント

神戸 みゆき かんべ みゆき ( 女優、タレント )

1999年、テレビ東京のオーディション番組『夢☆おうえん隊』にて選抜され、同番組のアイドルグループ『ゆめっこ☆娘』の一員として、岡部玲子らと共に活動。ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』の主役である3代目の月野うさぎ / セーラームーン役に500人にも及ぶオーディションの中から選ばれる。 郷ひろみとのコラボ企画だった『HYPER GO号(ハイパーゴーゴー)』にも参加していた。また『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』などのバラエティ番組で陽気な個性を発揮した。

しかし2007年、出演予定だったミュージカル『レ・ミゼラブル』を体調不良を理由に降板。その後入退院を繰り返していたが、2008年6月18日4時8分に心不全のため死去。24歳没。6月20日・21日にこすもす川崎会館で通夜と告別式が行われ、かわさき南部斎苑で荼毘に付された。親族だけの葬儀であったが、芸能界からは親交があった中川翔子が弔問した。



      
wikipedia jp

comment(0)  trackback(0)

1952年6月6日 - 2008年5月31日 ウガンダ・トラ ( タレント、ドラマー ビジーフォー )

2013.05.30

category : タレント

ウガンダ・トラ ( タレント、ドラマー ビジーフォー )

浜口庫之助が経営する地元のゴーゴークラブで、高校在学中からダンサーとして働く。卒業後は、父もサポートメンバーを務めた事がある和田弘とマヒナスターズ(ハワイアンムード歌謡に留まらず、当時はカンツォーネやシャンソン等もレパートリーにあった)の、ボーヤ兼ドラマーとして下積み修行。

1971年、R&B仲間の高田裕三・宮本典子らと、日本のソウル・ファンクの草分け『スリーチアーズ・アンド・コングラッツレイションズ』に加わり、米軍キャンプや都内一流ディスコの生バンドとして腕を磨いた。

1977年、元ザ・クーガーズの島田与作が立ち上げた『いそがしバンド』に、盟友の高田"ぐっち"裕三、スリム冬樹と共に参加し、トラ佐藤(後にウガンダ)の名でドラムとボーカルを担当。『みごろ!たべごろ!笑いごろ!』(NET系)にセミレギュラー出演し、童謡コーナーではキャンディーズと共演した。

1979年の『金曜娯楽館』(NTV系)へのレギュラー出演と前後して『ビジーフォー』に改名。クレイジーキャッツからザ・ドリフターズへと続く、ナベプロ伝統の技巧派コミックバンドとして期待が掛けられたが、余興だったはずのものまねで売れてしまう。

1983年末「同じような曲ばかり演奏させられる生活に飽きた」との理由で、リーダー島田と共にビジーフォーを脱退。音楽活動を休止してピン芸人になり、『グッドモーニング』 (テレビ朝日系)、『鬼龍院花子の生涯』、『スーパーポリス』(TBS系)、『オレたちひょうきん族』(フジテレビ系)などに出演。

『グッドモーニング』では『てん・ぱい・ぽん・ちん体操』の模範演技を披露し、マイケル・ジャクソンのムーンウォークや『スリラー』のゾンビダンスも完全コピーして見せる一方、『ひょうきん族』では三波伸介の簡単なものまねでお茶を濁していた。

タレント業、ミュージカル俳優のほか、JR中央線大久保駅前で『居酒屋ウガンダの店』(後に『焼き鳥うがちゃん』)を営み、厨房・接客にも励んでいた。フリーの一般客として来店した女性と意気投合し、15歳差を押して1994年に結婚。その後、ウガンダの妻の妹が、ラッシャー板前と結婚。義理の兄となる。 同時期『ウガンダ・トラ』に改名した。

近年では『A女E女』(フジテレビ)の第3回放送にゲスト出演、得意のスティック捌きでスタジオの女性を悶えさせた。また『うたっておどろんぱ』(NHK教育)にもレギュラー出演した。

2008年に入ると体調不良が顕著になり、死期を悟ったのか一方的に離婚して店も畳んだ。Vシネマのロケ先に向かう同年5月10日の朝、「足元がふらつく」と訴えて緊急入院し、復帰叶わず5月31日に死去、55歳没。永年の鯨飲馬食による肝臓病、糖尿病、心臓病、脳梗塞などの悪化が懸念されていたが、解剖の結果、死因は急性呼吸不全だったと6月2日に発表されている[1]。

6月4日に行われた葬儀・告別式は、別れたばかりの元妻ではなく実弟が喪主を務めた。元同僚のイタッケ島田、グッチ裕三、モト冬樹らを始め、石橋貴明、つのだ☆ひろ、コロッケ、森公美子、ダンカン、グレート義太夫、ラサール石井、渡辺正行、山田邦子、松村邦洋、小林すすむらが参列し、デブキャラの後輩である石塚英彦(ホンジャマカ)は、突然の悲報に泣き崩れていた。戒名は『念誉太芸居士』(ねんよたいげいこじ)。



      
wikipedia jp

comment(0)  trackback(0)

1974年7月14日 - 2005年2月22日 羽生 未来 はにゅう みく ( タレント・歌手 )

2013.02.20

category : タレント

羽生 未来 はにゅう みく ( タレント・歌手 )

1974年(昭和49年)、東京都に生まれ、幼少期からをアメリカ合衆国・ニュージャージー州などで過ごした。その経験を活かし、国際基督教大学在学中の1995年(平成7年)、テレビ番組 『英語であそぼ』(NHK教育テレビジョン)にレギュラー出演、芸能界デビューした。

さらに、『CNNヘッドライン』(テレビ朝日)や、『真夜中の王国』(NHK衛星第2テレビジョン)の司会を務めたほか、『けんたろうとミクのワイワイキッズ』(CS・キッズステーション)へも出演した。

タレントとして活躍中だった2002年(平成14年)5月頃、右半身の動きが鈍くなっていることを自覚するようになった[2]。休養のために婚約者の五十嵐渉(作曲家)とともにマウイ島を訪れたが、帰国後に脳腫瘍と診断され手術を受けた。手術とリハビリによって、それまで麻痺していた右半身は一時回復したものの、病気は肺癌の脳転移であったことが判明した。その後は抗がん剤による化学療法を受けるなど闘病を続けたが、2005年(平成17年)2月22日に死去した。



      
wikipedia

comment(0)  trackback(0)

カテゴリ
リンク
インターネットお取り寄せショップ
懐かしのメロディリクエスト掲示板
Fujitsu
【125*125】特価品
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
チケットぴあ
チケットぴあ
Fujitsu
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
Amazon 無料配送
book off online
ブックオフオンライン
ANA旅行積立プラン
ANA旅行積立プラン
HMVジャパン
HMVジャパン
iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
Sony Music Shop
Sony Music Shop
仁丹堂
創業116年目の新JINTAN
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blogmura
follow us

Copyright ©farewell life (music version). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。