farewell life (music version)

懐かしのメロディー( 邦楽、洋楽 ジャンルは問わず )などをアップしていきたいと思います。基本的にはその日が命日のミュージシャン、作曲家など動画を交えて紹介してまいります。※敬称は略させていただきます。  亡くなられた皆様のご冥福をお祈り申し上げます。 尚、管理人の都合上更新ができなくなる場合がありますのでご了承ください。

検索フォーム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
京王百貨店
京王百貨店
千趣会イイハナ
e87.com(株式会社千趣会イイハナ)
ふくや
味の明太子ふくや
日本直販
日本直販オンライン
伊勢丹
伊勢丹 : ISETAN MEN'S ONLINE SHOP
au one la Select
au one la Selectサイトロゴ2
いぬ・ねこ の きもち
いぬのきもち&ねこのきもち
Odakyu online shopping
小田急オンラインショッピング
ONWARD KASHIYAMA
オンワード樫山公式ファッション通販サイト
トイザらス・ベビーザらス
ベビーのおもちゃ【ベビーザらス】
ユナイテッド・シネマ
ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!
ワーナー・マイカル・シネマズ
映画館で並ばずにチケットが買える!
link share
アフィリエイトのリンクシェアで、チャリティ活動

スポンサーサイト

--.--.--

category : スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1928年4月19日 - 1984年1月1日 アレクシス・コーナー Alexis Korner ( ミュージシャン )

2012.12.31

category : ブルース

アレクシス・コーナー Alexis Korner ( ミュージシャン )

フランスのパリで生まれ、様々な国に引っ越した後、1940年5月にロンドンに移る。1940年代後半にギターやピアノを始め、1950年代中期には本格的にブルースを演奏するようになる。

1961年、ブルース・インコーポレイテッドを結成。初期の主要メンバーの一人は、後にコロシアムで活動するサクソフォーン奏者ディック・ヘクトール・スミス。また、多くの若手ミュージシャンが入れ替わり参加したが、その中にはジャック・ブルースやチャーリー・ワッツ等もいた。ブライアン・ジョーンズもコーナーのライブに参加したことがあるが、その時にミック・ジャガーやキース・リチャーズに見初められ、ローリング・ストーンズ結成のきっかけとなった。

1967年のアルバム『I Wonder Who』には、後にペンタングルのリズム隊となるダニー・トンプソンとテリー・コックスが参加。この頃、後に有名バンドとなるフリーの名付け親となり、デビューの後押しをした[2]。

1968年、レッド・ツェッペリン加入前のロバート・プラントと共演した時の音源は、後に編集盤『Bootleg Him!』に収録された。

1970年、CCSを結成。レッド・ツェッペリンのカヴァー「Whole Lotta Love」がヒットする。1972年にはボズ・バレル、イアン・ウォーレス、メル・コリンズ(3人とも元キング・クリムゾン)とスネイプを結成し、翌年、アルバム『Accidentally Born In New Orleans』発表。

晩年には、教え子的存在のチャーリー・ワッツ、ジャック・ブルース、イアン・スチュワートと共にロケット88を結成して活動。1984年1月1日、肺癌で他界。



      
wikipedia
スポンサーサイト

comment(0)  trackback(0)

1944年4月15日 - 2010年1月1日 成川 哲夫 なりかわ てつお ( 俳優 )

2012.12.31

category : 映画、テレビ・ラジオドラマ

成川 哲夫 なりかわ てつお ( 俳優 )

法政大学在学中より東映演技研修所に入り、1967年3月、『悪魔くん』(NET) 23話でテレビ初出演。同年、第8期東宝ニューフェイスに合格し、1968年に『東京バイパス指令』(日本テレビ)で本格デビューした。

1969年半ば頃、東宝を退社し、さち子プロに移籍。『柔道一直線』(TBS)へのゲスト出演などを経て、1971年より放映が開始された特撮テレビ番組『宇宙猿人ゴリ』(後に『宇宙猿人ゴリ対スペクトルマン』『スペクトルマン』と改題)(フジテレビ)で主役のスペクトルマン/蒲生譲二役に起用された。同番組は裏番組『巨人の星』(よみうりテレビ)を視聴率で上回ることもあるほどの人気番組となり、成川の俳優時代の代表作となった。同番組出演中の1971年5月、第8期東宝ニューフェースの同期だった関口昭子と結婚した。

『スペクトルマン』の放映終了後、1970年代中盤に佐野プロダクションに移籍。この間、伍代 勝也(五代 勝也は誤植)、伍代 達弘の芸名を使用した。およそ3年でさち子プロに復帰し、成川哲夫に再び芸名を改めた。

再改名後も『噂の刑事トミーとマツ』(TBS)にレギュラー出演するなど活躍したが、1982年、 60年代より師事していた空手の師範が死去し、道場を指導者として引き継ぐ形となった。1983年には国際空手道連盟玄制流成道会を発足させ、その運営に注力するため、同年をもって俳優業を引退した。

その後は成道会の会長・師範として、空手道の研鑽と普及発展に尽力したが、2010年1月1日、肺がんのため65歳で死去した。



      
wikipedia

comment(0)  trackback(0)

1910年(明治43年)10月27日 - 1999年(平成11年)12月31日 渡辺 はま子 わたなべ はまこ ( 流行歌手 )

2012.12.30

category : 流行歌

渡辺 はま子 わたなべ はまこ ( 流行歌手 )

1937年(昭和12年)4月、コロムビアに移籍。翌年、皮肉にも流行歌の浄化を統制された国民歌謡の「愛国の花」が、渡辺にとっての移籍後のヒット曲第一号となる。この頃から、戦時下の上海など戦地への慰問も積極的に行うようになり、「シナの夜」「広東ブルース」などの大陸を題材にした曲目が徐々に増え、人々からは『チャイナ・メロディーの女王』『チャイナソングのおハマさん』と呼ばれ支持された。そのため、慰問先の満州から松平晃が持ち帰った「何日君再来」(訳詞長田恒雄)も渡辺が唄い、レコードが日本で発売されることになった。

さらに、当時はテイチクの専属であった満州の大陸女優、李香蘭主演の大ヒット映画の主題歌をコロムビアから国内で日本語で発売する際には、渡辺がレコーディングした。「いとしあの星」「蘇州夜曲」といった曲は渡辺、李両者の持ち歌として大ヒットを記録している。

1941年(昭和16年)、渡辺が新聞に掲載された記事に感動し、是非とも歌謡曲としてレコード化したいと台湾総督府に申し入れ、レコード・リリースした「サヨンの鐘」もヒット。その後も「風は海から」「花白蘭の歌」など、日本のトップ歌手して活躍。スクリーンにおいても既に1937年(昭和12年)に新興映画「庭の千草」に主演していた他、東宝映画「ロッパ歌の都に行く」「ロッパの新婚旅行」「エノケンの孫悟空」などに出演している。特に「ロッパの新婚旅行」では、声楽家役として出演し、クラシックの歌曲を原語で高らかに歌い上げているのは、元音楽教師の面目躍如であった。



      
wikipedia

comment(0)  trackback(0)

1929年2月15日 - 1985年12月31日 立川 清登 たちかわ すみと ( バリトン歌手 )

2012.12.30

category : オペラ

立川 清登 たちかわ すみと ( バリトン歌手 )

細い目をした親しみやすい風貌、オペラでも喜劇系を得意としたユーモラスなキャラクター、機知にとんだ語り口から本業の歌手以外でも司会等、タレントでも活躍。NHK「世界の音楽」や「音楽をどうぞ」のテレビ司会、フジテレビ系列「オールスター家族対抗歌合戦」の審査委員などでも知られる。この他、FM東京系列「新日鐵アワー・音楽の森」の2代目パーソナリティーを務めたり(初代は山本直純、立川の没後に羽田健太郎が引き継ぐ)、NHK教育テレビの小学2年生向け学校放送番組「うたって・ゴー」にも出演した。また、1983年5月、八木治郎の急逝で空席となっていた毎日放送(MBS)の土曜朝のワイドショー番組「すてきな出逢い いい朝8時」の2代目司会を務めた。

1973年、出身地である大分県の民話にちなんだ創作オペラ「吉四六昇天」(清水脩作曲)の主役に特別出演した。

1985年12月10日、鳥取県米子市内のホテルの年末ディナーショー中、最後の「メモリー」熱唱中に倒れ入院。一時的な回復を見せたが、大晦日に都内の病院にて脳溢血により死去した。56歳の若さだった。

翌1986年1月4日、司会を務めていた「いい朝8時」では追悼企画を組み、サブ司会者のうつみ宮土理と野村啓司(当時MBSアナウンサー)が立川の思い出を振り返った。また、同年1月13日、審査員を務めていた「オールスター家族対抗歌合戦」で追悼特番を放送、同じく審査員の近江俊郎が弔辞を読み号泣した。

姓の読みは「うたって・ゴー」のオープニングでも自ら「こんにちは、たちかわのおじさんだよ~!」とコールしているが、正式には「たつかわ」である。テレビ・ラジオ等に出演の際紹介される度に「たちかわ」と思い込んだ視聴者・聴取者からの「誤りではないか」との問合せが放送局に相次ぎ、混乱を防ぐためにやむなく芸名として「たちかわ」とした経緯がある。

なお、1966年3月5日に発生したBOAC航空機事故で、実姉が遭難している。



      
wikipedia

comment(0)  trackback(0)

1939年6月28日-1990年12月31日 谷口安正 たにぐち やすまさ ( 歌手 デュークエイセス )

2012.12.30

category : ボーカルグループ

谷口安正 たにぐち やすまさ ( 歌手 デュークエイセス )

トップ・テナー。在学中はグリーンハーモニー合唱団指揮者としても活躍するなど、既に音楽関係者の間では名が知れ渡っていた。卒業直前にパーティで競演したデュークから乞われる形で学校卒業後の1964年5月に加入。加入の際には当時デュークがレギュラー出演していた「夢であいましょう」にて、デュークの持ち歌である黒人霊歌を1番を小保方、2番を谷口が歌うという形でメンバー変更を全国に知らせた。四半世紀に渡りトップ・テナーを担当し、デュークの黄金時代を支えた。1990年、35周年コンサートも盛況のうちに終了ののち、同年12月に自宅で脳出血で倒れ、手当のかいなく急逝。後任として飯野知彦が担当することとなった。



      
wikipedia

comment(0)  trackback(0)

1902年6月28日 - 1979年12月30日 リチャード・ロジャース Richard Rodgers ( 作曲家 )

2012.12.29

category : ミュージカル

リチャード・ロジャース Richard Rodgers ( 作曲家 )

ニューヨークのクイーンズ区でユダヤ人外科医の家庭に生まれる(ロジャーズというWASP風の苗字は、父親がエイブラハムズというユダヤ人の苗字から改姓したもの)。作詞家のローレンツ・ハート、オスカー・ハマースタイン2世とのコンビで数多くのミュージカルの曲を書いた。

特にオスカー・ハマースタイン2世とのコンビでは、34のトニー賞、1つのアカデミー賞を獲得するなどの成果をおさめた。彼が亡くなった晩、ブロードウェイの全ての劇場は、灯りを消して、その死を悼んだ。

なお、エミー賞、グラミー賞、アカデミー賞、トニー賞、ピュリツァー賞をすべて受賞したのは彼とマーヴィン・ハムリッシュの2人しかいない。

あまり知られてはいないが、映画『アラビアのロレンス』の製作者サム・スピーゲルによると、本編の90パーセントの作曲を依頼したものの、リチャードは肝心の作品を見ようともせず、結果、仕上がりはミュージカル調の曲目ばかりで、すべて没となった。そして、本来、残りの10パーセントを引き受けたモーリス・ジャールが、全曲を担当することとなる。



      
wikipedia

comment(0)  trackback(0)

1933年5月29日 - 1990年12月30日 山崎 唯 やまざき ただし ( ミュージシャン、作曲家、俳優、声優、タレント )

2012.12.29

category : 歌謡曲

山崎 唯 やまざき ただし ( ミュージシャン、作曲家、俳優、声優、タレント )

『渡辺晋とシックス・ジョーズ』のピアニストとしてデビュー。人形劇『トッポ・ジージョ』では、おかしな声で話題を呼ぶ。

生前は妻の久里千春との芸能活動も多かった。また、二人の娘もいるが一般人の為、名前は公表されていない。

1990年12月23日未明、自宅で倒れてそのまま意識不明になり同12月30日、脳溢血のため東京都三鷹市の杏林大学医学部付属病院で死去(57歳没)。



 :     
wikipedia

comment(0)  trackback(0)

1912年(大正元年)12月5日 - 1998年(平成10年)12月30日 木下 恵介 きのした けいすけ ( 映画監督 )

2012.12.29

category : 映画

木下 恵介 きのした けいすけ ( 映画監督 )

1951年(昭和26年)に『カルメン故郷に帰る』で戦後初の長編カラー映画を発表する。同作は、NHK映画ベストテン第1位、日本映画文化賞を受賞する。1954年(昭和29年)『二十四の瞳』で、ブルーリボン賞、ゴールデングローブ賞外国語映画賞などを受賞。同年の「キネマ旬報ベストテン」では同作と『女の園』が黒澤明の『七人の侍』を抑えて1位・2位を独占する。その後、『戦場の固き約束』などが、興行上の採算性に対する疑義で松竹側からお蔵入りにされるなどの不遇に遭い、撮影所の不正経理を指弾したことなどから会社との関係が悪化する。1964年(昭和39年)に松竹を退社し、テレビ界にも進出してテレビドラマも製作した。



      
wikipedia

comment(0)  trackback(0)

1938年4月7日 - 2008年12月29日 フレディ・ハバード Frederick Dewayne Hubbard ( ジャズトランペット奏者 )

2012.12.27

category : ジャズ

フレディ・ハバード Frederick Dewayne Hubbard ( ジャズトランペット奏者 )

1960年代初頭、ハバードはブルーノート・レコードに広範な録音を残している。ブルーノート初登場にしてバンドリーダーを務めた"Open Sesame"を皮切りに、8枚のリーダーズアルバムを残し、28枚のアルバムにサイドマンとしてその名を刻んでいる。それらの録音のほとんどは、同時代のブルーノートの多くの音源がそうであるように、今日では古典とみなされている。コールマンの"Free Jazz"、エリック・ドルフィーの"Out to Lunch"、ジョン・コルトレーンの"Ascension"など、いくつかの初期のフリー・ジャズの古典の中にもハバードを見出すことができる。しかし彼は、それらのフリージャズの影響を受けながらも、完全にとらわれてしまうということは無かった。

1970年代に入ると、彼はハービー・ハンコック率いるVSOPのメンバーとなった。このバンドは、40年代のバップ、50年代のモード・ジャズ、60年代のフリー・ジャズを統合したフリー・バップとして知られるスタイルを開拓した。ハバードの多くの優れた録音が、VSOPのメンバーとのコラボレーションから生まれた。

商業的なスムーズジャズのアルバムが批判を呼んだとはいえ、1970年ごろの彼は、その炎のような、そしてメロディックなインプロビゼーションと驚異的なテクニックによって、リーディングトランペッターとしての全盛期を迎えた。

1992年、ハバードは長期にわたる健康状態の悪化と深刻な唇の故障から立ち直り、恒常的な演奏活動と録音活動に復帰した。

おそらく、彼の最もよく知られた作品は、1971年にパラディウムでライブ録音されたヒットシングル"Red Clay"を含む、CTIレコードの"California Concert"というアルバムであろう。

2008年12月29日、心臓発作により逝去。70歳没。



      
wikipedia

comment(0)  trackback(0)

1930年6月29日 - 2009年12月29日 ジミー竹内 ジミーたけうち ( ジャズ・ドラマー )

2012.12.27

category : ジャズ

ジミー竹内 ジミーたけうち ( ジャズ・ドラマー )

日本のジャズ・ドラマー。スウィング・ジャズを中心に、モダン・ジャズや、歌謡曲の分野でも活躍した。



      
wikipedia

comment(0)  trackback(0)

カテゴリ
リンク
インターネットお取り寄せショップ
懐かしのメロディリクエスト掲示板
Fujitsu
【125*125】特価品
ブックオフオンライン
ブックオフオンライン
チケットぴあ
チケットぴあ
Fujitsu
富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART
Amazon 無料配送
book off online
ブックオフオンライン
ANA旅行積立プラン
ANA旅行積立プラン
HMVジャパン
HMVジャパン
iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
iTunes Store(Japan)
 iTunes Store(Japan)
Sony Music Shop
Sony Music Shop
仁丹堂
創業116年目の新JINTAN
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
blogmura
follow us

Copyright ©farewell life (music version). Powered by FC2 Blog. Template by eriraha. Photo by sozai-free 2000px.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。